給与と残業代の区別

Q  会社に残業代を請求したところ、会社から毎月支払う給料の中に残業代は含まれているとか、定額の手当を支払っているからと言われ、残業代の支払いを拒否されました。
私は残業代をもらうことはできないでしょうか。

A  残業代を給料に含めて支給するということも許されますが、その場合は、その給料のうち、時間外労働等に対する割増賃金の部分と通常の賃金の部分とが明確に区別されていることが必要です。労働者が自分の残業時間に見合った残業代が支払われているのか否かを確かめることができなければなりません。そのような区別がなされていなければ、あなたは会社から残業代をもらうことができます。また、そのような区別がなされている場合でも、給料に含めて支払われた残業代が、実際のあなたの残業時間に相当する割増賃金の額を下回っていれば、その差額をもらうことができます。

残業代として定額の手当を支給するという形態もあり得ますが、その手当が実質的に時間外労働等の対価といえなければなりません。単に職責に対して支払われる手当は残業代とみることはできませんので、その場合は会社から残業代をもらうことができます。また、手当が実質的に時間外労働等の対価としての実質を備えている場合でも、手当の額が、実際のあなたの残業時間に相当する割増賃金の額を下回っていれば、その差額をもらうことができます。

解雇等について

一方的に解雇された

業績悪化による解雇

雇用保険(失業保険)について

雇止めの問題

傷病休暇の扱い

残業代について

残業代の請求(訴訟)

残業代の請求(役職と時効)

残業代の他に請求できるもの

給与と残業代の区別

残業代と残業命令について

労災について

精神疾患と労災

個人事業請負と労災

その他の請求について

セクハラの賠償請求

退職金がもらえなかった

手続きについて

解雇の裁判手続き

労働審判