セクハラの賠償請求

Q  上司からセクハラを受けて会社を辞めざるをえなくなりました。上司や会社に対して 何か請求できますか。

A  セクシャルハラスメントには、対価型(上司がその地位・権限を利用して性的要求を行い、それに応じない場合に解雇その他の不利益を課す場合)と環境型(性的言動によって職場環境を悪化させるタイプ)があります。

セクハラは、労働者の「働きやすい職場環境の中で働く利益」や「性的自由ないし性的自己決定権という人格的利益」を害するので、それが悪質で社会通念上許容される限度を超える場合には違法な行為となります。

その行為が違法か否かは、行為態様の悪質さ、反復継続性、不快感の程度、行為の目的・時刻・場所、加害者と被害者との間の職務上の地位・関係などを基準に判断されます。

したがって、セクハラが悪質で違法である場合に、被害者が退職せざるを得なくなった場合には上司及び会社に対して損害賠償の請求が可能です。

解雇等について

一方的に解雇された

業績悪化による解雇

雇用保険(失業保険)について

雇止めの問題

傷病休暇の扱い

残業代について

残業代の請求(訴訟)

残業代の請求(役職と時効)

残業代の他に請求できるもの

給与と残業代の区別

残業代と残業命令について

労災について

精神疾患と労災

個人事業請負と労災

その他の請求について

セクハラの賠償請求

退職金がもらえなかった

手続きについて

解雇の裁判手続き

労働審判