一方的に解雇された

Q  会社から一方的に解雇を言い渡されました。解雇の理由はわかりません。私はどうすればよいでしょうか。

A  解雇は、使用者が一方的に労働契約を解除することです。

解雇するには、「客観的合理的な理由」と「社会通念上相当」であることが必要です(労働契約法16条)。合理的な理由がない解雇は無効となり、在職・復職できることになります。
ただし、裁判で解雇が無効と判断されても使用者が職場復帰を認めなければ、復職できないこともあります。

解雇の有効・無効を判断するためにも、会社があなたを解雇した理由を明らかにさせる必要があります。解雇理由を明らかにさせるためには、会社から、解雇の理由を記載した書面を交付してもらいましょう(労働基準法22条1項)。

会社が、解雇理由を口頭で説明している場合でも、解雇を争う審判や裁判が始まると、会社は、解雇理由の後付けをすることがあります。このため、早い段階で、解雇の理由を明らかにさせることが重要となってきます。

解雇等について

一方的に解雇された

業績悪化による解雇

雇用保険(失業保険)について

雇止めの問題

傷病休暇の扱い

残業代について

残業代の請求(訴訟)

残業代の請求(役職と時効)

残業代の他に請求できるもの

給与と残業代の区別

残業代と残業命令について

労災について

精神疾患と労災

個人事業請負と労災

その他の請求について

セクハラの賠償請求

退職金がもらえなかった

手続きについて

解雇の裁判手続き

労働審判