交通事故発生から解決までの流れ

Q  交通事故発生から解決までの流れを教えて下さい。

A  交通事故にあえば、加害者と加害者が契約している保険会社の連絡先を確認しましょう。そして、負傷すれば入院したり通院したりして治療をしなければなりません。その時たちまち治療費をどうするかに直面します。

加害者が100%悪い場合には、加害者の保険会社が病院と連絡をとって加害者の保険会社が支払ってくれるはずです。あなたの健康保険を使ってくれと言われても従う義務はありません。ただ、あなたに過失がある場合には、あなたの健康保険を使うことも検討します。治療費以外のものについては、仕事ができなくなり収入が途絶えた場合には、暫定的に毎月いくらかの「休業補償」を支払ってもらうように交渉します。

その他の損害(入通院慰謝料、後遺障害が残った場合の慰謝料等の損害など)は、治療が終わって完治した、あるいは「症状固定」した(これ以上治療しても良くも悪くもならない状態)時に最終的な損害を計算していきます。ただ、後遺障害が残った場合には、担当医師に「自動車損害賠償責任保険後遺障害診断書」という所定の用紙を使って診断書を書いてもらい、加害者の加入している自賠責保険の保険会社へ後遺障害の認定請求をします。

2、3ヶ月で判断がでて、不服であれば異議申立をして再度審査してもらえますが、これでいいということならその後遺障害等級を前提に損害を計算します。それを加害者あるいは加害者の保険会社に請求し、交渉し、折り合いがつけば示談成立ですが、納得できる金額の提示がなければ調停、訴訟等の手続をしていきます。

交通事故

交通事故発生から解決までの流れ

賠償を請求できる損害の種類

後遺症が出た場合

仮渡金請求について

健康保険の使用について

通勤途上の交通事故について