負債を完済したいのですが負債が資産を上回る可能性があります

Q  父は不動産と預貯金を残して亡くなりましたが、1500万円ほどの負債も残しました。父の資産が総額どれくらいになるのか正確にはわかりませんが1000万円から2000万円の間だと思います。

母はこの機会に父の残した負債を完済して債権者にご迷惑をおかけしたくないという気持ちが強いようです。しかし、負債より資産の方が多ければよいのですが、負債が資産を上回った場合に私にも母にも不足分を弁済する力はありません。このような場合はどのようにしたらよいでしょうか。

A  資産と負債の額が正確にわからないと方針を決めることができません。このような場合には「限定承認」という方法があります。これはお父さんから相続した資産でお父さんの負債を弁済し、かりに不足が出ても相続人の個人の財産で弁済する責任を負わないし、かりに、遺産でお父さんの負債を全部弁済して余剰がでればそれは相続人が取得するという制度です。「限定承認」の手続も相続放棄と同様にお父さんの死亡を知ってから3ヶ月以内(熟慮期間)に家庭裁判所に対して行う必要があります。ただ、限定承認は相続放棄とは違って、相続人が複数いる場合には全員が共同で限定承認の申述をしなければなりません(相続人の1人が反対すればできません)。なお、相続放棄をした方は初めから相続人でなかったことになりますので、残りの相続人で限定承認をすることはできます。

また、相続放棄の熟慮期間とされている3ヶ月では足りないが、もう少し時間をかけて調べれば資産と負債の正確な額が判明して相続放棄をすべきかどうかの方針を決められるという場合には、3ヶ月の熟慮期間が終わるまでに家庭裁判所に「熟慮期間の伸長」を申し立てると熟慮期間を伸ばしてくれます。

遺産分割について

遺産分割の流れ

何から始めてよいかわからない

相続人が遺産分けに応じてくれない

遺産分割協議のあとで財産がみつかりました

相続財産を勝手に使われてしまいました

遺言について

遺言書を作る必要について

遺言書の作り方について

遺言書があるかを知りたい

特定の相続人にだけ相続させたい

祭祀について

葬儀費用について

お墓や仏壇についてトラブルになりそうです

その他について

後見制度の利用について

相続人が一人行方不明です

認知されていない子供の相続

相続放棄をめぐって

相続放棄の手続き

住んでいる家族にだけ家を相続させたい

家族と関わりたくないので相続放棄をしたい

相続放棄と死亡保険金

相続放棄と遺族年金

遺産をつかったあとで相続放棄をすることができるか

遺産も負債もないはずなのに死後3ヶ月を過ぎた後に負債の請求がありました

負債を完済したいのですが負債が資産を上回る可能性があります