遺産をつかったあとで相続放棄をすることができるか

Q  父の預金はわずかしかありませんでしたが、母は父死亡の直後に預金をおろして、入院費用や葬儀費用に遣いました。少しでも遺産を遣った後は相続放棄ができなくなるということを聞いたことがあるのですが、母は相続放棄の手続ができますか。

A  民法921条は、1.相続人が相続財産の一部でも処分した場合、2.3ヶ月の熟慮期間が過ぎてしまった場合、3.遺産を隠すなど背信行為をした場合、などには単純承認した(被相続人の資産及び負債の相続を認めること)ものとみなして、相続放棄ができなくなると定めています。民法は遺産の一部をすでに遣っておきながら、後に相続放棄によって負債を免れるというような身勝手は許さないという趣旨です。

遺産である被相続人名義の預金を遣ってしまうことは、相続財産の処分に該当するとされるおそれがあるので注意を要します。ただし、被相続人が保管していた現金などを被相続人の火葬費用や未払治療費の支払の一部に充てた場合などに例外的に単純承認とはみなされないケースもありますので、そのような場合は弁護士に相談されることをお勧めします。

遺産分割について

遺産分割の流れ

何から始めてよいかわからない

相続人が遺産分けに応じてくれない

遺産分割協議のあとで財産がみつかりました

相続財産を勝手に使われてしまいました

遺言について

遺言書を作る必要について

遺言書の作り方について

遺言書があるかを知りたい

特定の相続人にだけ相続させたい

祭祀について

葬儀費用について

お墓や仏壇についてトラブルになりそうです

その他について

後見制度の利用について

相続人が一人行方不明です

認知されていない子供の相続

相続放棄をめぐって

相続放棄の手続き

住んでいる家族にだけ家を相続させたい

家族と関わりたくないので相続放棄をしたい

相続放棄と死亡保険金

相続放棄と遺族年金

遺産をつかったあとで相続放棄をすることができるか

遺産も負債もないはずなのに死後3ヶ月を過ぎた後に負債の請求がありました

負債を完済したいのですが負債が資産を上回る可能性があります