住んでいる家族にだけ家を相続させたい

Q  私の父が亡くなりました。私には兄が1人いて、母と兄と私の3人が法律上の相続人(法定相続人)だと聞きました。

父と母はいずれも無職で年金生活をしていました。それゆえ、父の遺産といっても父が母及び兄の家族と住んでいた父名義の家(土地建物)があるだけです。預金がわずかにありましたが、葬儀費用に遣ってしまいました。

これからもこの家には母と兄の家族が住み続ける予定なので、母はこの際、家を兄名義にしたらよいと考えているようです。

また、私は、結婚して遠方に住んでいますので、父の遺産をもらうつもりはありません。ただ、父がこの家を改築するときに銀行から借り入れをしており、その負債が400万円ほど残っています。

そこで、家の名義を父から兄一人の名義にするにはどのようにすればよいでしょうか。
また、父名義の負債はどのように処理したらよいでしょうか。

A   家の名義をお父さんからお兄さんに変える方法としては、第1に、お母さん、お兄さん、あなたの3人が遺産分割協議をして、お兄さん一人が家を単独で相続するという合意をするという方法が考えられます。家をお兄さん一人に相続させるという遺産分割協議書を作成すれば、家の登記をお兄さん名義にすることができます。しかし、この場合お父さん名義の400万円の負債は法律上は法律で定める相続分(法定相続分)にしたがって、お母さんが2分の1の200万円、お兄さんとあなたが4分の1の100万円ずつ相続することになり、あなたは遺産を一切承継しなくとも銀行に対して100万円の債務だけを負うことになります。

実際には、遺産分割協議の際に家を単独で相続するお兄さんが自分が責任をもって負債を支払うという約束をすることが多いでしょうから、そのような約束をしておけば、あなたが住宅ローンを支払うという心配はしないでよいでしょうが、万一、お兄さんが支払を怠ったり、支払ができない事情が生じた場合には銀行は100万円を上限としてあなたに請求できることになります。

あなたとすれば遺産をもらわない以上、お父さんの負債からも解放されたいと思いのが当然だと思います。

そこで、第2に考えられる方法が「相続放棄」です。相続放棄の手続をすれば、相続人ではなかったことになり、資産を相続することもない代わりに負債も一切承継しないで済みます。相続放棄の手続はお父さんの最後の住所地を管轄する家庭裁判所で行うことができます。

遺産分割について

遺産分割の流れ

何から始めてよいかわからない

相続人が遺産分けに応じてくれない

遺産分割協議のあとで財産がみつかりました

相続財産を勝手に使われてしまいました

遺言について

遺言書を作る必要について

遺言書の作り方について

遺言書があるかを知りたい

特定の相続人にだけ相続させたい

祭祀について

葬儀費用について

お墓や仏壇についてトラブルになりそうです

その他について

後見制度の利用について

相続人が一人行方不明です

認知されていない子供の相続

相続放棄をめぐって

相続放棄の手続き

住んでいる家族にだけ家を相続させたい

家族と関わりたくないので相続放棄をしたい

相続放棄と死亡保険金

相続放棄と遺族年金

遺産をつかったあとで相続放棄をすることができるか

遺産も負債もないはずなのに死後3ヶ月を過ぎた後に負債の請求がありました

負債を完済したいのですが負債が資産を上回る可能性があります