相続放棄の手続き

Q  相続放棄の手続はどのようにすればよいのですか。
 

A  お父さん(「被相続人」といいます)が亡くなられたことを知ったときから3ヶ月以内(「熟慮期間」)に,「相続放棄の申述書」を作成し,被相続人の住民票除票やあなたの戸籍謄本などを添えて,所定の収入印紙や郵便切手とともに家庭裁判所に提出します。

家庭裁判所はあなたの相続放棄の意思を確認した上で「相続放棄申述受理証明書」を交付してくれます(これが相続放棄をしたことの証明になります)。

<

遺産分割について

遺産分割の流れ

何から始めてよいかわからない

相続人が遺産分けに応じてくれない

遺産分割協議のあとで財産がみつかりました

相続財産を勝手に使われてしまいました

遺言について

遺言書を作る必要について

遺言書の作り方について

遺言書があるかを知りたい

特定の相続人にだけ相続させたい

祭祀について

葬儀費用について

お墓や仏壇についてトラブルになりそうです

その他について

後見制度の利用について

相続人が一人行方不明です

認知されていない子供の相続

相続放棄をめぐって

相続放棄の手続き

住んでいる家族にだけ家を相続させたい

家族と関わりたくないので相続放棄をしたい

相続放棄と死亡保険金

相続放棄と遺族年金

遺産をつかったあとで相続放棄をすることができるか

遺産も負債もないはずなのに死後3ヶ月を過ぎた後に負債の請求がありました

負債を完済したいのですが負債が資産を上回る可能性があります