遺産分割の流れ

相続手続きの流れ

故人の資産や負債の相続の問題

人が亡くなると故人の資産や負債の相続が問題となります。

しかし、それは単なる財産の承継ではなく、故人の人生や想いを引き継ぐことでもあります。「夫婦でいっしょうけんめい築いた資産を有効に遣って欲しい」「世話になった人に感謝の気持ちを表したい」「困難な条件を抱える子や孫の生活の足しにして欲しい」「先祖から受け継いだ財産を大切に子孫に守り伝えて欲しい」「これからも兄弟仲良くして欲しい」等々、故人の想いは様々です。

ところが、故人の想いをめぐって相続人の意見が対立すると、遺産分割の話し合いがまとまらないまま、仲の良かったご兄弟(姉妹)が反目し合うことになってしまいます。血を分けた兄弟(姉妹)であるだけに対立は感情的になり解決が難しくなることも珍しくありません。

少しの知恵が無用な争いを防ぐことになります

このような遺産をめぐる争いを防いだり、故人の想いを伝えるために遺言書を作成しておくことは有効です。しかし、せっかく作った遺言書が不完全な場合、その遺言書の効力や文言の解釈が相続人の争いの原因となることもあります。そのようなことにならないためには是非、遺言書の内容や文言についてご相談下さい。

また、遺産の分割をめぐって相続人間に意見の対立がある場合には、それが紛争に発展しないように、できるだけ早期に、冷静かつ合理的な解決をするということが求められます。どのようにすれば合理的な解決ができるのか、相続人間の対立が深刻になる前に是非、ご相談下さい。

遺産分割について

遺産分割の流れ

何から始めてよいかわからない

相続人が遺産分けに応じてくれない

遺産分割協議のあとで財産がみつかりました

相続財産を勝手に使われてしまいました

遺言について

遺言書を作る必要について

遺言書の作り方について

遺言書があるかを知りたい

特定の相続人にだけ相続させたい

祭祀について

葬儀費用について

お墓や仏壇についてトラブルになりそうです

その他について

後見制度の利用について

相続人が一人行方不明です

認知されていない子供の相続

相続放棄をめぐって

相続放棄の手続き

住んでいる家族にだけ家を相続させたい

家族と関わりたくないので相続放棄をしたい

相続放棄と死亡保険金

相続放棄と遺族年金

遺産をつかったあとで相続放棄をすることができるか

遺産も負債もないはずなのに死後3ヶ月を過ぎた後に負債の請求がありました

負債を完済したいのですが負債が資産を上回る可能性があります