個人再生について

Q  個人再生というのはどんな制度ですか

A  おおまかに言いますと、債務を圧縮したうえで、返済計画にしたがって、毎月決まった額を3〜5年で支払い、計画どおり支払いが終われば残りの債務が免責されるという制度です。

個人再生にはジュウタクローン特則というのがあって、は、住宅ローンについては債務額を圧縮せずにそのまま支払続けることによってローン返済中の持ち家を手放さなくても済むという制度があります。小規模個人再生手続において、債権者に対して手続き上最低限返済しなければならない金額は、小規模個人再生の場合、債務額が100万円以上500万円以下の場合は100万円、500万円を超え1500万円未満の場合は、総額の5分の1、1500万円を超え3000万円以下の場合は300万円、3000万円を超え5000万円以下の場合は総額の10分の1となっています。給与所得者の場合には給与所得者再生手続という方法がありますが、その場合は上記の金額と可処分所得の2年分の金額を比べて多い方を弁済しなければなりません。

いずれの場合も算出された最低弁済額を3〜5年で分割払いすることになります。住宅ローンの特則を使う場合には住宅ローンはそのまま支払続けて、住宅ローン以外の債務について算出した最低弁済額を分割払いすることになります。

個人再生は破産の時の免責不許可事由は問題になりません。その代わり、圧縮された金額を弁済計画どおりに支払わなければならず、約束通りの支払いができなければ破産せざるを得なくなります。

住宅ローンの返済を続けてがんばれる見通しがあるのか、個人再生か自己破産か、またそれ以外の方法があるかを、是非、弁護士とご相談下さい。皆様と一緒に考えていきたいと思っています。

債務について

多重債務解消のための法的手段

債務整理の流れ

債務整理とブラックリスト

任意整理について

任意整理について

過払金請求とは

消滅時効について

自己破産について

自己破産と個人再生

自己破産のデメリット

まわりに内緒で自己破産は可能か

自己破産と財産について

自己破産と退職金の扱い

自己破産と自動車の所有

自己破産と免責

自己破産とへ負債の解消

自己破産の家族への影響

保証人への影響について

個人再生について

個人再生について