自己破産と個人再生

Q  バブルのころに住宅ローンを組んでマンションを購入しました。しかし、バブル崩壊で残業が無くなり給料の手取りが激減、ついついローンの支払と生活費のため、クレジットやサラ金10数社から計300万円ほどの負債ができ、ローンの支払と負債の返済で生活費にも事欠く状態になってしまいました。なんとしてでも立ち直りたいのですが、解決のために弁護士さんに依頼してできる手立てにはどんなものがあるのでしょうか。

A  借金をしないと給料だけでは月々の返済ができないというのですから、自己破産か個人再生かを選択すべきケースということになります。

自己破産というのは、プラスの財産よりもマイナスの財産(負債)の方が多く、今後の収入を考えても到底返済は不可能という場合に当該本人が破産を申し立てる制度で、金銭に換えることのできる資産をすべて提供して、負債の返済(債権者への配当)に充て、残った負債の支払いを免除してもらう(「免責」といいます)という制度です。

個人再生は、負債総額を一定の額に圧縮した上で、それを3年ないし5年で分割して返済することにより、債務の負担を軽減する制度です。破産をするほどまで窮してはいないが、負債の全額を支払うことができない場合に選択します。住宅ローンは圧縮せずにそのまま支払を続けて自宅を手放さないで済むという特則がありますし、破産のような免責不許可事由の定めがないので、負債を作った原因については問われません。それぞれ要件が異なりますので、どちらの制度を利用されるかは、弁護士にご相談下さい。

債務について

多重債務解消のための法的手段

債務整理の流れ

債務整理とブラックリスト

任意整理について

任意整理について

過払金請求とは

消滅時効について

自己破産について

自己破産と個人再生

自己破産のデメリット

まわりに内緒で自己破産は可能か

自己破産と財産について

自己破産と退職金の扱い

自己破産と自動車の所有

自己破産と免責

自己破産とへ負債の解消

自己破産の家族への影響

保証人への影響について

個人再生について

個人再生について