自己破産と自動車の所有

Q  古い自動車を所有しているのですが、破産したらこれも処分されますか。

A  自動車のローンが残っており、ローン会社が自動車の所有権留保している場合は、ローン会社が自動車を引き上げることができ、基本的に自動車を所持し続けることはできません。

自動車を現金で購入した場合や既にローンを完済されている場合は、自動車はご本人のものなので、ローン会社によって引き上げられることはありません。

このようにローン会社に引き上げられない場合であっても、自動車の財産価値があれば破産管財人が自動車を換価し、換価金を債権者に配当することになります。

もっとも、破産管財人がついた場合に自由財産拡張の申立を行えば、価額にもよりますが、自動車は生活に必要なものとして所持し続けることができるという扱いがなされています。また、そうでなくとも、自動車に換価価値がないと判断される場合(神戸地方裁判所の扱いでは、普通自動車については初年度登録から7年以上、軽自動車の場合は初年度登録から5年以上経過していると基本的に無価値として取り扱われます)には、所持を継続することができることが多いといえます。

判断が難しい場合は、車検証等をご持参の上、弁護士にご相談ください。

債務について

多重債務解消のための法的手段

債務整理の流れ

債務整理とブラックリスト

任意整理について

任意整理について

過払金請求とは

消滅時効について

自己破産について

自己破産と個人再生

自己破産のデメリット

まわりに内緒で自己破産は可能か

自己破産と財産について

自己破産と退職金の扱い

自己破産と自動車の所有

自己破産と免責

自己破産とへ負債の解消

自己破産の家族への影響

保証人への影響について

個人再生について

個人再生について