ローンの支払い

Q  夫婦ふたりで購入した夫名義のマンションについて、オーバーローンになっています(マンションの価値:2000万円、残ローン:2600万円)。
離婚後、私もローンを払わないといけないのですか。

A  夫婦の資産が、残ローンからマンションの価値を引いた分以上ある場合
(本件ではマンション以外に600万円以上の資産がある場合とします)

婚姻生活中に婚姻生活を送るための不動産を購入するために負った債務は、夫婦が共同で負った債務といえます。

しかし、直ちに残ローンの半額を負担するということにはなりません。

マンション以外の財産が例えば1000万円あり、財産分与を行う場合には、不動産のオーバーローン分を考慮して分与します。

つまり、ご質問のケースでは、マンションが(2000万円-2600万円=)600万円のオーバーローンとなっています。

そこで、マンション以外の1000万円分の財産を分ける際、オーバーローン分を控除し、残りの400万円を夫婦共有財産の形成・維持に対する各自の貢献度に応じて分けることになります。現在では、通常は、夫婦双方に同程度の貢献度があると考え、夫婦共有財産を2分の1ずつ分けることが多いため、ご質問のケースでは、200万円ずつが各々の取り分となるでしょう。

夫婦の資産が残ローンからマンションの価値を引いた分以下の場合
(本件では、600万円以下の資産しかない場合)

マンション以外に財産がない場合、ご質問のケースでは、マンションには実質的な価値はないため、積極的な財産は存在せず、オーバーローン分の債務のみが夫婦が共同で負った債務として存在するということになります。

しかし、見解は分かれているものの、あなたが、残ローンの半額を負担しなければならないとなることは、現在の裁判実務においては、ほとんどありません。その理由としては、夫婦間で残ローンの負担割合を決めたとしても、金融機関等の債権者に対してはその効果が及ばず、問題を根本的に解決できないからであるといったことが言われています。

離婚問題について

離婚して他の人と結婚したい

離婚の手順・手続き

離婚の調停・裁判手続について

婚姻費用について

別居中の生活費(婚姻費用)について

婚姻費用の額の変更

子どもをめぐる問題

子どもの親権

子どもを返してくれません

子どもとの面会

収入と親権

養育費について

養育費を払ってもらえない

財産分与について

ローンの支払い

個人の貯金の扱い

子ども名義の財産

財産分与と税金

慰謝料について

離婚相手に対する慰謝料の請求

不倫相手への慰謝料の請求

その他

外国籍の場合

夫の暴力から逃げたい(DVからの避難)

離婚協議書について

年金分割とは