離婚して他の人と結婚したい

Q  私は妻帯者です。なんとなく、結婚生活とはこんなもんなんだろうと思ってきたのですが、このたび、この人こそと思う女性と巡り会えました。彼女も私のことを愛してくれていますので、家を出て2人で暮らしています。妻には申し訳ないのですが、離婚して正式に彼女との新しい人生をスタートさせることはできないでしょうか?

A  奥さんが納得されて協議離婚ができれば、それに越したことはありません。奥さんが離婚に応じられない場合は、家庭裁判所の調停、それでまとまらねば離婚請求訴訟ということになりますね。

日本の法は有責主義(円満だった婚姻関係を破綻させた有責者に対する離婚請求だけを認める考え)をとっています。ご相談のケースでは、婚姻関係を破綻させた原因は、奥さんより新しい女性を選んだあなたにある(あなたが有責配偶者)といえますので、原則として、あなたからの離婚請求は認められないことになります。

もっとも、例外的に、有責配偶者からの離婚請求が認められる場合もあります。

日本で有責配偶者からの離婚請求を正面から認めた最初の判例は、昭和62年9月2日の最高裁判決です。この判決は、夫婦の別居期間は36年に及んでおり、相手方配偶者が離婚によって精神的・社会的・経済的に極めて苛酷な状態におかれる等、離婚請求を認容することが著しく社会正義に反するといえるような特段の事情がないとして離婚を認めました。

その後、有責配偶者からの離婚請求とそれに対する裁判所の判断が次々出されていますが、離婚請求を認めた事例は、別居期間の一番短いものは6年以上で、2人の子供も大学を卒業しており夫婦間に未成熟の子がおらず、妻は相当の収入を得ていて、夫は離婚に伴う給付として妻に自宅建物を分与し、同建物について残っているローンも完済し続けるとの意向を表明しているという事情があったものです。

必ずしも有責配偶者からの離婚請求が認められないとは限りません。あなたのケースで離婚できるかどうかは、弁護士に相談した方がよいでしょう。

ただ、いずれにせよ、裁判で争う負担等も考えますと、やはり冒頭で述べましたように奥さんの了解を得て円満に解決するのが一番ではないかと思われます。

離婚問題について

離婚して他の人と結婚したい

離婚の手順・手続き

離婚の調停・裁判手続について

婚姻費用について

別居中の生活費(婚姻費用)について

婚姻費用の額の変更

子どもをめぐる問題

子どもの親権

子どもを返してくれません

子どもとの面会

収入と親権

養育費について

養育費を払ってもらえない

財産分与について

ローンの支払い

個人の貯金の扱い

子ども名義の財産

財産分与と税金

慰謝料について

離婚相手に対する慰謝料の請求

不倫相手への慰謝料の請求

その他

外国籍の場合

夫の暴力から逃げたい(DVからの避難)

離婚協議書について

年金分割とは