離婚の調停・裁判手続について

Q  離婚したいのですが、妻が応じてくれません。どのようにしたら離婚することができますか。

A  1) 離婚調停の申立て

夫婦の一方が離婚を希望しているが、他の一方が離婚には応じないという意向のとき、離婚を求める側から(原則として相手方の住所地を管轄する家庭裁判所に)夫婦関係(離婚)調停の申立をします。 家庭裁判所では、その事件を担当する調停委員2人と審判官(裁判官)1人の3人で調停委員会を構成して、調停に臨みます。当事者は調停委員2人に、希望や意見を述べて解決の途を探ってもらいます。しかし、調停委員や調停委員会から結論を押しつけられることはありません。

2) 離婚訴訟の提起

調停でも話がまとまらなければ、離婚を求める側は離婚を求める裁判を起こさざるをえません。民法770条1項では、裁判で離婚できる原因を、

  1. 配偶者に不貞な行為のあったとき
  2. 配偶者から悪意で遺棄されたとき
  3. 配偶者の生死が三年以上明らかでないとき
  4. 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき
  5. その他婚姻を継続しがたい重大な事由があるとき

に限ったうえで、2項で、上記1から4の事由がある場合でも、一切の事情を考慮して婚姻の継続を相当と認めるときは、離婚の請求を棄却することができるとしています。

例えば、1でふとした過ちで1度だけ不貞行為があったが本人が十分反省しており2度とそのようなことは起こらないだろうと考えられる場合や、4で離婚されたら強度の精神病にかかっている配偶者の面倒を見てくれる人が誰もおらずあまりにも気の毒だという場合等に離婚の請求を棄却した例があります。

あなたの離婚を求める理由が、この民法770条1項の離婚原因に当てはまっているかどうかを考えてみて下さい。当てはまっていなければ裁判での離婚は難しいので、慰謝料ないし解決金名目での金を多く支払うなどして、離婚を納得してもらうように話を進める方がよいのではないでしょうか。

離婚問題について

離婚して他の人と結婚したい

離婚の手順・手続き

離婚の調停・裁判手続について

婚姻費用について

別居中の生活費(婚姻費用)について

婚姻費用の額の変更

子どもをめぐる問題

子どもの親権

子どもを返してくれません

子どもとの面会

収入と親権

養育費について

養育費を払ってもらえない

財産分与について

ローンの支払い

個人の貯金の扱い

子ども名義の財産

財産分与と税金

慰謝料について

離婚相手に対する慰謝料の請求

不倫相手への慰謝料の請求

その他

外国籍の場合

夫の暴力から逃げたい(DVからの避難)

離婚協議書について

年金分割とは