外国籍の場合

Q  結婚相手が外国籍なのですが、日本で離婚の調停や裁判ができますか。

A  一方が日本人の夫婦で、日本で生活していた場合は、日本人同士の場合と同じように考えていいでしょう。すなわち、調停、訴訟の手続で特に別扱いはありません。

ただ、外国人の方が外国へ出国していたりすると、実際調停は困難でしょうし、訴訟の場合にも日本の裁判所で行えるかどうかは、場合によって違ってきます。

外国人同士の夫婦の場合は、被告の住所地を管轄する裁判所が管轄権を有しますが、(1)原告が遺棄されたものである場合、または(2)被告が行方不明である場合、(3)その他これに準ずる場合は、被告の住所が日本になくても、原告の住所が日本にあるときは、日本で裁判することができます。

離婚問題について

離婚して他の人と結婚したい

離婚の手順・手続き

離婚の調停・裁判手続について

婚姻費用について

別居中の生活費(婚姻費用)について

婚姻費用の額の変更

子どもをめぐる問題

子どもの親権

子どもを返してくれません

子どもとの面会

収入と親権

養育費について

養育費を払ってもらえない

財産分与について

ローンの支払い

個人の貯金の扱い

子ども名義の財産

財産分与と税金

慰謝料について

離婚相手に対する慰謝料の請求

不倫相手への慰謝料の請求

その他

外国籍の場合

夫の暴力から逃げたい(DVからの避難)

離婚協議書について

年金分割とは