離婚相手に対する慰謝料の請求

Q  離婚の際に慰謝料がもらえる場合があると聞きました。どのような場合ですか。相場はどれくらいですか。また、慰謝料が請求できるのはいつまでですか。

A  離婚に伴う慰謝料請求は、不法行為に基づく損害賠償請求なので、慰謝料を請求するためには、相手方配偶者に有責性があることが必要です。具体的には、配偶者に不貞行為、暴力、悪意の遺棄があった場合に有責性が認められます。配偶者が通常の性的関係を持てない場合に認められた例もあります。

慰謝料の額は、配偶者にどれだけ責任があるのか、婚姻期間、配偶者の資力などを総合的に考慮して決定されるので、事案によって異なります。

慰謝料請求権は、不法行為に基づく損害賠償請求権なので、民法724条に基づき、3年の消滅時効にかかります。したがって、離婚が成立した日から3年以内に請求する必要があります。

離婚問題について

離婚して他の人と結婚したい

離婚の手順・手続き

離婚の調停・裁判手続について

婚姻費用について

別居中の生活費(婚姻費用)について

婚姻費用の額の変更

子どもをめぐる問題

子どもの親権

子どもを返してくれません

子どもとの面会

収入と親権

養育費について

養育費を払ってもらえない

財産分与について

ローンの支払い

個人の貯金の扱い

子ども名義の財産

財産分与と税金

慰謝料について

離婚相手に対する慰謝料の請求

不倫相手への慰謝料の請求

その他

外国籍の場合

夫の暴力から逃げたい(DVからの避難)

離婚協議書について

年金分割とは