年金分割とは

Q  離婚時の年金分割とはどのような制度ですか。

A  1.制度について
平成19年4月1日以降に離婚した場合に、婚姻期間中に支払われた厚生年金・共済年金の一部分を夫婦で分割するという制度です。

年金には、基礎年金部分と、その上乗せ分の厚生年金・共済年金(公務員)部分があります。基礎年金は、1号被保険者(自営業、2号及び3号被保険者以外の方)、2号被保険者(厚生年金、共済年金に加入している方。サラリーマンなど)、3号被保険者(2号被保険者に扶養されている配偶者)が必ず加入しています。上乗せ部分は、2号被保険者が加入しているものです。

サラリーマンは、2号被保険者なので、上乗せ部分をもらうことができます。しかし、主婦は3号被保険者となるので、離婚して年金分割がされなかった場合は、基礎年金部分しかもらうことができません。上乗せ部分は、夫婦で共同して形成した財産といえます。そこで、きちんと分けましょうということで年金分割制度ができたのです。

分割方法には2種類あります。一つは、(1)離婚分割制度といって、夫婦の合意や裁判で分割割合を決定する方法です。二つ目は、(2)3号分割制度といって、合意や裁判で分割割合を決めなくても、強制的に分割割合を2分の1とする制度です。

なお、企業年金は年金分割制度の対象となりません。

2.分割請求の手続き

(1)離婚分割

  • 年金事務所において、「年金分割のための情報提供請求書」という書類を提出し、年金情報が記載された「年金分割のための情報提供通知書」を入手します。
  • 話し合いや家庭裁判所における調停・審判・裁判において按分割合を決めます。
  • 離婚成立後、年金事務所に「標準報酬改定請求書」という改定請求書類を提出して分割手続きをとります。※一人で提出することもできます。
  • 「標準報酬改定請求書」を提出した後、「標準報酬改定通知書」が届いて、年金分割が行われたことを通知してくれます。

(2)3号分割

年金事務所に年金手帳と夫婦双方の戸籍を持参し、請求の手続きをとります。離婚分割と違い、年金分割のための情報提供通知書を入手する必要はありません。

※3号分割制度はあくまでも平成20年4月以降の婚姻期間の部分を分割するものですから、婚姻期間が長い場合は、この制度を利用しても分割される額は少なくなります。

3.請求期限

原則、離婚をした日の翌日から2年以内です。

離婚問題について

離婚して他の人と結婚したい

離婚の手順・手続き

離婚の調停・裁判手続について

婚姻費用について

別居中の生活費(婚姻費用)について

婚姻費用の額の変更

子どもをめぐる問題

子どもの親権

子どもを返してくれません

子どもとの面会

収入と親権

養育費について

養育費を払ってもらえない

財産分与について

ローンの支払い

個人の貯金の扱い

子ども名義の財産

財産分与と税金

慰謝料について

離婚相手に対する慰謝料の請求

不倫相手への慰謝料の請求

その他

外国籍の場合

夫の暴力から逃げたい(DVからの避難)

離婚協議書について

年金分割とは