財産分与と税金

Q  財産分与に税金はかかりますか。

A  原則として、離婚により相手方から財産を分与してもらっても、贈与税がかかることはありません。財産分与は、相手方から贈与を受けたというものではなく、夫婦の財産関係の清算や離婚後の生活保障のための財産分与請求権に基づき給付を受けたものと考えられるからです。

これに対して、土地や家屋などを財産分与したときには、分与した人が分与した財産を譲渡したこととなり、譲渡所得の課税対象となります。

ただし、次のいずれかに当てはまる場合には、贈与とみなされて、贈与税がかかります。

(1)分与された財産の額が婚姻中の夫婦の協力によって得た財産の額やその他すべての事情を考慮してもなお多過ぎる場合

この場合は、その多過ぎる部分に贈与税がかかることになります。ただし、平均的な金額と比較して高いからといって、ただちに多すぎる評価されるわけではありません。

多すぎるかどうかは、離婚に至る経緯、双方の資産状況、有責性、扶養の必要性、それぞれの夫婦が置かれた立場、条件等により判断されます。

(2)離婚が贈与税や相続税を免れるために行われたと認められる場合

この場合は、離婚によってもらった財産すべてに贈与税がかかります。

離婚問題について

離婚して他の人と結婚したい

離婚の手順・手続き

離婚の調停・裁判手続について

婚姻費用について

別居中の生活費(婚姻費用)について

婚姻費用の額の変更

子どもをめぐる問題

子どもの親権

子どもを返してくれません

子どもとの面会

収入と親権

養育費について

養育費を払ってもらえない

財産分与について

ローンの支払い

個人の貯金の扱い

子ども名義の財産

財産分与と税金

慰謝料について

離婚相手に対する慰謝料の請求

不倫相手への慰謝料の請求

その他

外国籍の場合

夫の暴力から逃げたい(DVからの避難)

離婚協議書について

年金分割とは