子ども名義の財産

Q  離婚することになり、私(妻)が子どもの親権をもつことになりました。私は、子どもの教育費などのために、子ども名義で貯金をしていました。その額もけっこう大きいです。子どもは小さいので、今後は教育費等のためにこの預金を使っていこうと思っています。子ども名義の財産は財産分与でどう扱われるのですか。

A  預金されているお金が誰のものかどうかで、財産分与の対象になるかどうかが決まります。

子どもに対する出産祝い金や入学祝い、子どものお年玉などは、そもそも子ども固有の財産なので、夫婦が共同生活中に形成した財産とはいえません。したがって、この分を預金したものは、財産分与の対象になりません。

夫婦が子どもの将来の教育資金または結婚資金のために、夫婦の収入の一部を積み立てて預金していた場合は、夫婦が共同形成した財産を預金したものですから、原則、財産分与の対象になります。しかし、両親が合意の上で子どもの将来の教育費や結婚資金のために預金している場合などは、そのお金は子どもに対して贈与されたもの、つまり子どもの固有の財産となり、財産分与の対象にならないことがあります。

妻が夫に黙って、夫の収入の一部を子どものために預金していた場合は、単に夫婦の収入の一部を積み立てているものとして扱われ、財産分与の対象になる可能性がかなり高いといえます。

離婚問題について

離婚して他の人と結婚したい

離婚の手順・手続き

離婚の調停・裁判手続について

婚姻費用について

別居中の生活費(婚姻費用)について

婚姻費用の額の変更

子どもをめぐる問題

子どもの親権

子どもを返してくれません

子どもとの面会

収入と親権

養育費について

養育費を払ってもらえない

財産分与について

ローンの支払い

個人の貯金の扱い

子ども名義の財産

財産分与と税金

慰謝料について

離婚相手に対する慰謝料の請求

不倫相手への慰謝料の請求

その他

外国籍の場合

夫の暴力から逃げたい(DVからの避難)

離婚協議書について

年金分割とは