個人の貯金の扱い

Q  別居後の個人の貯金は財産分与の対象になるのですか。

A  原則として財産分与の対象にはなりませんが、場合によっては対象になることもあります。

財産分与は、夫婦が婚姻中に協力して形成した財産の精算という側面があります。

財産分与は、夫婦が婚姻中に協力して形成した財産の精算という側面があります。

別居中は共同で婚姻生活を営んでいる実態がなく、別居中に形成した財産は、夫婦が協力して形成したものとはいえないので、財産分与の対象にならないのが原則です。

ただし、婚姻中に貯金したお金を引き出して、別居後にあらためて個人の口座に貯金しなおした場合、そのお金は実質的には婚姻中に共同形成した財産を移し変えただけなので、財産分与の対象になります。

離婚問題について

離婚して他の人と結婚したい

離婚の手順・手続き

離婚の調停・裁判手続について

婚姻費用について

別居中の生活費(婚姻費用)について

婚姻費用の額の変更

子どもをめぐる問題

子どもの親権

子どもを返してくれません

子どもとの面会

収入と親権

養育費について

養育費を払ってもらえない

財産分与について

ローンの支払い

個人の貯金の扱い

子ども名義の財産

財産分与と税金

慰謝料について

離婚相手に対する慰謝料の請求

不倫相手への慰謝料の請求

その他

外国籍の場合

夫の暴力から逃げたい(DVからの避難)

離婚協議書について

年金分割とは