鑑別所とは

Q  鑑別所とは、どのような所ですか。

A  鑑別所とは、逮捕・勾留期間(警察・検察による捜査の期間)を終えた少年が、家庭裁判所に送致されると収容されるところです。(場合によっては、鑑別所には収容されず、在宅の事件となることもあります。)

鑑別所では、鑑別所の職員である技官が、医学、心理学、教育学、社会学その他の専門的知識に基づいて、少年の資質の鑑別を行います。例えば、少年の知的なレベルはどれくらいなのか、どのような性格を持ち合わせているのか、それらが事件にどのように影響しているかなどを見極めます。

鑑別所での鑑別の結果は、裁判所がどのような処分が適当か判断する際の重要な資料となります。

少年が鑑別所に収容される期間は原則として4週間です(法律上は2週間で、さらに鑑別の必要がある場合には2週間の更新ができることになっていますが、運用の実態としては、更新されるのが常態となっています。)

なお、兵庫県内には、鑑別所は神戸少年鑑別所1ヶ所しかありません。

逮捕・勾留について

夫が逮捕されました

逮捕後の接見について

不起訴処分とは

起訴後の手続きについて

成人の起訴後の手続きの流れ

刑事裁判について

保釈について

保釈金の相場

執行猶予について

弁護人について

国選弁護人と私選弁護人

国選弁護人の費用

未成年の事件について

子どもの犯罪

少年事件の流れ

少年審判の流れ

少年審判での処分の内容

付添人とは

鑑別所とは

鑑別所での面会

鑑別所からの外出について