夫が逮捕されました

Q  今朝、私の自宅が捜索され、夫が覚醒剤を持っていたとして現行犯逮捕されました。今後、夫はどうなるのでしょうか。また、私でも弁護士さんに依頼することができるのか、依頼した場合にはどんなことをしてもらえるのか教えて下さい。

A  逮捕されたご主人は「被疑者」と呼ばれます。被疑者本人はもちろん、奥さんをはじめ家族の方も弁護士を依頼(選任)することができます。

警察は逮捕された被疑者を48時間以内に検察庁に送致し、検察官は24時間以内に勾留するか釈放するかを決めなければなりません。勾留期間は10日間、さらに10日以内の勾留延長が認められるので、身柄拘束の期間は逮捕から勾留まで最長で23日間に及びます。勾留期間が満了するまでに、検察官が被疑者を起訴するかどうかを決定することになります。

長期間の身柄拘束により、被疑者は肉体的にも精神的にも疲れ果て厳しい取り調べに対して嘘の自白をさせられることもあります。弁護人は被疑者と警察官等の立会なくして面会することができるので、黙秘権等の権利について説明し、事実関係についての聴取を行い、不当な身柄拘束対する異議申立をしたり、被害者と示談を成立させるなどの活動をします。

家族も、被疑者と面会したり、着替えや本、食べ物等を差し入れることができますが、面会は捜査側の都合により思うようにできないことも多く、面会できても立会人が付き時間も制限されるので肝心な話ができない場合もあります。したがって、弁護人は事件の内容以外にも、仕事や健康のことなど、被疑者と家族が心配する事柄について、両者を結ぶ重要な役割も果たすことになります。

逮捕・勾留に付いて

夫が逮捕されました

逮捕後の接見について

不起訴処分とは

起訴後の手続きについて

成人の起訴後の手続きの流れ

刑事裁判について

保釈について

保釈金の相場

執行猶予について

弁護人について

国選弁護人と私選弁護人

国選弁護人の費用

未成年の事件について

子どもの犯罪

少年事件の流れ

少年審判の流れ

少年審判での処分の内容

付添人とは

鑑別所とは

鑑別所での面会

鑑別所からの外出について