法律一口メモ

◆法律一口メモトップ


「裁判員って何?」

弁護士 佐伯雄三

最近、裁判所などに「私の視点、私の感覚、私の言葉で参加します」という標語が宣伝されているのを目にされたことがあるでしょう。平成21年5月までに施行されることになっている「裁判員」制度、あなたも裁判員に選ばれるかもわかりません。

裁判員とは一般の人から6名選ばれ、3人の裁判官とともに刑事裁判を受ける被告人が有罪が無罪か、有罪の場合、刑、例えば懲役何年が妥当か、執行猶予をつけていいかなどを決める役割をします。原則多数決で決めますが、被告人に不利な判断の場合には裁判官が1人は賛成する必要があります。陪審制度とは異なりますが、市民が裁判に参加する一つの制度です。

なぜ、一般の人に有罪か無罪かの判断をさせるのか。裁判に社会の常識を反映させて、よりよい刑事裁判を、とのねらいからです。刑事裁判の原則に「無罪の推定」があります。被告人といえども有罪の裁判が確定するまでは無罪であると推定されます。従って、審理の結果、有罪か無罪かはっきりしない、有罪であるとの確信が持てないというのであれば「無罪」と判断すべき原則です。裁判員が関与する刑事裁判でもこの原則がしっかりと守られなければなりません。

そうでなく、悪いことをするやつは厳罰に処せばいいんだという最近の気になる「風潮」では裁判員制度の下でも「えん罪」が起らないかと心配する向きもあります。さらに「被害者参加」制度がこれに先がけて施行され、「裁判員制度」が混乱なく順調に運営がなされるかが注目されています。

▲ページの先頭へ戻る