法律一口メモ

◆法律一口メモトップ


相続人の選択肢

弁護士 宮地奈央

相続には、単純承認、限定承認、相続放棄の3種類の方法があります。単純承認とは、相続財産を包括的に(プラスもマイナスも全て)承継することを言います。限定承認とは、負債が多くて相続財産がトータルでマイナスになっているおそれがある場合に、とりあえず相続財産の限度で負債を清算し、なおプラスがあれば承継する方法を言います。限定承認をしておけば過大な負債が発覚してもそれを全て背負い込むことはなく安心ですが、手続が多少煩雑です。相続放棄とは、相続そのものを拒否することで、財産も負債も引き継ぎません。相続放棄するとその者は初めから相続人とならなかったものとみなされ、放棄した者を除く他の共同相続人が相続することになります(例えば、夫の親が存命であれば親が、夫の死亡以前に既に親が死亡している場合は夫の兄弟姉妹が相続人となる、等)。

相続人は、自分のために相続の開始があったことを知った時から(「死亡時から」ではありませんのでご注意を!)原則として3ヶ月以内に、以上のいずれかを選択しなければなりません。上記の期間制限は家庭裁判所への請求により伸張することができますが、それもせずに放っておくと単純承認したものとみなされてしまいます。また、相続人が上記3つの選択権を行使する前に相続財産の全部又は一部を処分した場合や、選択権行使後に、相続財産の全部もしくは一部を隠したり消費したりした場合も、単純承認したものとみなされます(これらを「法定単純承認」と言います)。

以上は、相続の方法についての簡単な説明ですが、相続に絡む問題は多岐にわたる場合が多くあります。疑問があれば、一度弁護士に相談してみましょう。

▲ページの先頭へ戻る