裁判の期間

質問

裁判は何年もかかると聞いています。一体どれくらいかかるのでしょうか。

最近は裁判の迅速化がはかられ、多くの事件は1年以内に1審判決がなされています。なかでも仮処分や仮差押事件は数日か1〜2週間で決定されますし、手形事件では2〜3ヶ月で判決です。通常の民事事件でも裁判の早い段階で裁判所での和解が成立することが珍しくありません。しかし、複雑な事件で、証人も多く、相手も強硬な場合、やはり1審判決まで1〜2年かかっています。控訴審、上告審(最高裁)まで併せると3年以上かかる場合もあります。こうした事件では納得いく裁判のためには、ある程度の時間がかかることもやむを得ないと考えるべきでしょう。