打ち合わせの目的と準備

質問

打ち合わせとは何ですか。どのような準備をすればよいのですか。

裁判を起こすとき裁判を起こすとき、あらかじめ、事件の経過や自分の言い分をメモしたり、関係のありそうな書類をもれなく揃えて持参されると、役に立ちます。相手から裁判を起こされた場合も同様です。

・裁判が始まってから
裁判が始まって、相手から「答弁書」や「準備書面」が出てきたとき、これを検討して、反論を展開し、また反対の証拠を提出するために打ち合わせをします。

・証人調べの準備
こちら側の証人が立つときは、証言内容をよく打ち合わせ、相手方の証人が立つときも同じです。証人尋問は、ほとんどの場合一回勝負ですから、事前準備が大切です。

・和解の話がでたとき
事件の性質、これまでの裁判経過からみた判決の予測(勝訴の見込み)やあなたの最低限度の要求などについて、よく弁護士に話し、和解にのぞむことが大切です。